校長挨拶

北海道真狩高等学校長 青木保繁

 北海道真狩高等学校のホームページをご覧いただきまして、ありがとうございます。

 本校は昭和23年の開校以来、「農業の担い手養成、農業を中核とした産業人を育てる」ことを基本とし、今日まで地域とともに歩み続けております。

 平成25年度より「有機農業コース」と「野菜製菓コース」の2コースを設け、環境に配慮した作物栽培の技術、食品加工や調理技術の習得とともに、さらに販売までを含めた、食についての系統的な学習をとおして、主体的に行動できる人材の育成を進めています。

 この新コース制のもと、定期的な製菓販売会の実施、製菓衛生師試験の全員合格、各種農産物販売による学習成果の発表など大いにその成果を上げ、高い評価をいただいております。

 また、本校の特色の一つに、「耕心寮」があります。札幌圏を中心に沢山の生徒が入学し、親元を離れて寮生活を送っており、同じ寮で暮らす友人や先輩・後輩、そして舎監の先生方との深い絆で結ばれながら、集団生活の中で大きく成長する姿が見られます。

 

 本校の校訓である「耕心錬磨」には、「豊かな心を耕し、互いに磨き合い鍛えあって、地域の未来を創造する活力ある人材になろう」という願いが込められています。

 この校訓のもと、生徒と教職員が心をひとつにして、日々の活動に全力で取り組んでいます。

 各学年1クラスの小さな学校ですが、その分、教職員と生徒との絆も深く、羊蹄山麓の雄大で美しい自然環境に囲まれ、落ち着いた教育環境の中で、生徒一人一人を大切にし、手厚くきめ細かな指導を、これからも進めて参りたいと考えています。

 

 最後に、中学生の皆さん。是非、本校に見学に来てください。

 食は命です。土を育て、命を育むことの喜びと、自分たちで育てた安心・安全な食材を使用して加工・調理したものを、おいしいと喜んでもらうことの喜びを、少しでも感じていただければと思います。

 また、地域、保護者、本校卒業生の皆さん、引き続き、本校へのご支援・ご協力をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。